ネカマの目的は多様

ネットには必ず存在しているのがネカマです。
ネット上で性別を偽って存在しているのでそう呼ばれているようです。
厳密にはおかまの略なので、男が女のふりをするということですが、
最近では女が男になりすましているのもネカマと呼んでいるようです。

ただし、女性がネカマになるケースはとても少なく、
やはり男性が何かの目的でネカマになる場合の方が多いようです。

もちろんネット上だけのおかまちゃんであり、
本当のおかまちゃんにはちょっと申し訳ない言葉かも知れません。
それほど悪意を感じる言葉なのです。

やっている意味もいろいろで、まずは面白犯的なものでしょう。
女性を必死になって探している男性をいじめてみたいと言う場合。
また、約束までして、何食わぬ顔でその場に行って、
その様子を見ているのが楽しいという場合もあります。

もちろん、だましや悪徳商売のために男が女のふりをして、
現実に出会うようにするということもあります。

一番多いのはサクラですね。
サクラも今は大半が男性だと言われています。
男性でバイトというより本職的に徹底的に、
サクラの仕事をしている場合が結構あるようです。

この場合、サクラはネカマの一つだとも言えるわけですね。
このようにネカマと言ってもいろいろな先にある目的のために、
やっている場合が多いので注意する必要があります。