無料サイトの無料なわけ

無料出会い系サイトの収入源って登録者からじゃないですね。
だとするとどこからという疑問がわきます。
もちろんボランティアではありませんよね。

それは簡単に言ってしまえば、広告費です。
人が集まればそれだけ広告を載せることができます。
そこで広告費を稼ぐことができるのです。
出会い系サイトのように人がたくさん集まれば膨大な数人に対して、
広告もぜひその場を使いたいということになるのです。

そういう広告をたくさん載せることでサイトは運営されていきますし、
我々登録者はタダで利用できるということになります。

ですから、広告が多く、エッチ関係だけなどに偏らず、
しっかりした商品の広告などが載っているとそのサイトは、
企業からも利用されているしっかりした、
登録数をたくさん持ったサイトだと言えるのです。
登録数の少ないサイトにはそんなにきちんとした企業は広告を出しません。

たくさんの無料出会い系サイトを覗いて見ると、
その差がはっきりとしてくるので1度体験してみてはどうでしょうか。

また、もう一つ、無料サイトの中には、
有料サイトの宣伝サイトのような役割のところもあります。
そうなるとその系列の有料サイトが優良か悪質かは別として、
有料サイトをつかうはめになってしまうこともあるのです。

その辺のところも知っておいて、サイトを見比べてみましょう。